海外旅行保険は海外旅行中のさまざまなアクシデントに対応していますが、ケガや病気の治療費用が一番重要です。補償項目別に事故の発生件数を見ても「治療・救援費用」が一番多く、旅行先でケガや病気になる確率が高いためです。

では、持病のある方が海外旅行先の病院で受けた治療費用は補償されるのでしょうか?

持病(既往症)があっても加入できる海外旅行保険

海外旅行保険で既往症・持病は補償される?

海外旅行保険の治療費用は、旅行中に発病した病気やケガによる治療費や入院費が補償の対象です。旅行の出発前に発症し治療をうけたことがある病気や持病は補償されないのが一般的です。

なぜなら、慣れない渡航先で病院にかかるのは、健康な人に比べ持病持ちの人の可能性が遥かに高い。保険事故の発生率が上がるため、保険会社側の引受リスクが高くなるからです。

保険商品の中には既往症・持病があると、海外旅行保険自体に加入できない商品もあるので注意が必要です。

持病・既往症とは?
持病・既往症とは、旅行前に発病し医師の治療を受けたことがある病気のことを指します。
持病・既往症の定義については、「今現在、医者にかかっているか」及び「継続して薬を服用して治癒しているか」という点になります。健康診断で要再検査となっている場合については、特段治療をしているわけではないので、持病・既往症の条件には該当しません。また、症状が落ち着いて安定した状態で、定期的な経過観察や検査、投薬を受けているのみの場合は上記の治療、診察にあたりません。

旅行前の病気も補償する商品はある

持病をお持ちで「自分は海外旅行保険に加入できるのか?」と不安に思っている方はご安心ください。一部ですが、既往症・持病の方でも加入でき、旅行前の持病(既往症)が旅行中に悪化した際の応急治療費用を補償している商品があります。

疾病に関する応急治療・救援費用」という特約がこれに当たり、商品にセットされてたり、オプションで追加することが可能です。ただし、旅行目的や保険期間に制限があるので条件等確認する必要があります。

既往症があると、海外旅行保険自体に加入できない保険商品もあります。持病をお持ちの方は、保険金を請求する時にトラブルを防ぎ安心して海外旅行に行くためにも、持病・既往症に関する特約のある海外旅行保険は助かります。

とくに高齢者の場合、何らかの持病を抱えている方も少なくないので、持病(既往症)があっても加入できる海外旅行保険はおすすめです。

既往症・持病を補償するおすすめの海外旅行保険

当サイトで取扱のある保険会社で、持病をお持ちでも加入できる海外旅行保険をご紹介します。商品により加入条件等が異なりますのでご注意ください。

持病(既往症)特約の注意点
持病も補償する海外旅行保険は、旅行前より発症している病気が海外旅行中に急激に悪化した場合です。持病に関わる治療がすべて補償されるわけではありません。例えば、高血圧の常用薬や、糖尿病のインスリン注射といった継続的な治療や投薬は対象外となります。
また、妊娠・出産・早産または流産に起因する病気および歯科疾病も補償されません。

AIG損保

AIG損保の海外旅行保険

AIG損保の海外旅行保険は、海外旅行中に既往症・持病が急に悪化した際の応急治療費用や、3日以上入院した場合の救援費用も補償。既往症・持病の補償の限度額は300万円となります。保険期間(海外旅行期間)31日までの短期旅行プランで既往症・持病を補償。

【疾病に関する応急治療・救援費用】
条件:保険期間31日以内のプランにセット(インターネット専用プラン)
保険金:最高300万円

AIG損保の詳細はこちら

ジェイアイ傷害火災

ジェイアイ傷害火災

ジェイアイのネット専用リスク細分型海外旅行保険『t@bihoたびほ』では、旅行目的が留学の保険期間31日超、被保険者の年齢が32歳以下の場合に「疾病に関する応急治療・救援費用」をオプションでお申込み可能。海外旅行開始前に発病し治療を受けたことがある病気が原因で海外旅行中に症状の急激な悪化により、治療を受けた場合の治療費用、または3日以上続けて入院した場合の救援費用を最高300万円まで補償します。

【疾病に関する応急治療・救援費用】
条件:旅行目的が留学、保険期間31日超、且つ年齢が32歳までの契約に限り、オプションとして付帯が可能
保険金額(補償の限度額):300万円

ジェイアイ傷害火災の詳細はこちら

東京海上日動

東京海上日動

東京海上日動の「疾病に関する応急治療・救援費用」は、旅先で旅行前にかかっていた病気の症状が急激に悪化して治療が必要になった場合に保険金が支払われます。保険金は1回の病気につき、治療費用部分・救援費用部分合計で300万円が限度で、保険期間31日までの契約に限ります。ネット契約の場合は特約をセットできません。

【疾病に関する応急治療・救援費用】
条件:保険期間31日までの契約で「疾病に関する応急治療・救援費用担保特約」がセットされている場合 ※インターネットでお申込み手続きを行われる場合等はセットできません。
保険金:最高300万円

東京海上日動の詳細はこちら

ケース別おすすめの海外旅行保険

海外旅行保険比較

短期渡航の海外旅行保険は、ネット専用商品が安くて便利。しかし、行き先や旅行日数により保険料が細分化されているため、複数の海外旅行保険を比べるのは大変。当サイト『海外旅行保険比較ネット』では、人気の海外旅行保険を旅行先や日数で一覧表示。最適なプランを選んで、出発当日でもクレジットカード払いで申し込みができます。