通常海外旅行保険は、死亡した時の補償やケガや病気の治療費用などいくつかの補償項目が一通りセットになったプランが主に販売されています。

ですが、「自分に不要な補償をカットしたい」「特定の補償額だけ増やしたい」いうニーズも多く、必要な補償だけをバラ掛けしたり補償金額を自由に選べるフリープランも用意されています。

海外旅行保険のフリープラン(バラ掛け)
当ページのフリープランは、各保険会社のネット専用海外旅行保険を対象にご案内しています。

フリープラン(バラ掛け)はこんな時におすすめ

海外旅行保険の一般的なセットプランは、主要な補償項目が全て組み込まれており補償金額は必要最低限で設定されているので、多くの方が安心して申し込めるプランとなっています。

ですが、以下のようなシーンで「プランをカスタマイズできれば良いのに」という場合があります。

特定の補償項目だけを手厚くしたい

保険会社が用意したセットプランは標準的な補償額が設定されていますが、人によっては特定の補償項目を手厚くしたい場合があります。

例えば損保ジャパンの「新・海外旅行保険【off!(オフ)】」は、以下のように補償金額の異なる3段階のセットプランが用意されています。

この3プランの中で、おおむね補償金額はPAタイプで問題ないものの、治療費用と携行品損害をもう少し手厚くしたいといった場合も、フリープランなら対応可能です。

補償内容 セットプラン フリープラン
PAタイプ PBタイプ PCタイプ
傷害死亡・後遺障害 1,000万円 2,000万円 3,000万円 1,000万円
治療費用 1,000万円 2,000万円 2,000万円 2,000万円
疾病死亡 1,000万円 2,000万円 3,000万円 1,000万円
賠償責任 1億円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 30万円 50万円 100万円
救援者費用 1,000万円 2,000万円 2,000万円 1,000万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 10万円 10万円 10万円
ハワイ7日間の保険料 2,840円 3,260円 4,070円 4,580円

保険料を節約するため不要な補償をカットしたい

手厚くするのとは逆に、自分にとって必要のない補償をカットすることもフリープランなら可能です。

例えばジェイアイ傷害火災の『t@biho』では、おすすめプランの補償金額の増減やカットなど、補償項目別にカスタマイズすることができます。

補償内容 おすすめプラン おすすめプラン
カスタマイズ
傷害死亡 3,000万円 なし
傷害後遺障害 3,000万円 なし
疾病死亡 1,000万円 なし
治療・救援費用 5,000万円 1,000万円
緊急歯科治療費 10万円 10万円
個人賠償責任(自己負担額なし) 1億円 なし
携行品損害(自己負担額なし) 30万円 なし
航空機寄託手荷物遅延(定額払い型) 1万円 なし
弁護士費用等 100万円 なし
テロ等対応(日額) 1万円 なし
ヨーロッパ8日間の保険料 3,660円 1,090円

※上記保険料は、渡航目的が観光・商用で且つ、お一人様のご契約(ご契約者自身が保険の対象となる契約)で、年齢が18~49歳の場合の保険料となります。

特定の補償項目をカットする場合は、その内容を十分に理解し納得した上で行ってください。

クレジットカードの補償に上乗せしたい

今や海外旅行には必須といえるクレジットカードには、付帯サービスとして海外旅行保険が付いたものが多くあります。ですが、年会費が高額なプラチナカード級のクレカを除くと、補償が十分とはいえません。

クレカ上乗せプラン

そこで、海外旅行保険付きカードの補償内容で不足する部分を、フリープランの海外旅行保険で補ったり上乗せするのがおすすめ。

例えば三井住友海上の『ネットde保険@とらべる』では、クレカ上乗プラン(タイプK)が用意されており、カード付帯保険で不足しがちな治療・救援費用が2,000万円、カード付帯保険では補償外の疾病死亡が2,000万円、弁護士費用等が100万円という補償内容となっています。

補償項目 カード付帯保険 クレカ上乗せプラン 合計補償額の上限
傷害死亡・後遺障害 2,000万円 - 2,000万円
疾病死亡 なし 2,000万円 2,000万円
治療・救援費用 100万円 2,000万円 2,100万円
賠償責任 2,000万円 - 2,000万円
携行品損害 10万円 - 10万円
弁護士費用等 なし 100万円 100万円

クレカ上乗せプランはカスタマイズできる訳ではないのでフリープランではありませんが、カード付帯保険の不足部分に絞った補償内容なので、保険料を節約することが可能。

他の保険会社のフリープランでも、補償項目や保険金をカスタマイズすることで、クレカの補償に足りない部分を補ったり補償額を上乗せすることができます。

フリープランのあるおすすめの海外旅行保険

当サイトで取扱のある商品で、フリープランに対応している海外旅行保険をご紹介します。フリープランのカスタマイズできる範囲は商品により異なり、一定の制限(カスタマイズできる範囲やカットできない補償項目など)がありますのでご注意ください。

損保ジャパンのフリープラン

損保ジャパンの新・海外旅行保険【off!(オフ)】では、自分に必要な補償を選べるオーダーメイドプランをご用意。ケガや病気の治療費用のみで保険料を節約したり、クレジットカード付帯保険の補償内容を手厚くすることもできます。

◎フリープランで補償金額をカスタマイズできる範囲
傷害死亡・後遺障害 なし、500万円、1,000万円、2,000万円、3,000万円、5,000万円
治療・救援費用 500万、700万円、1,000万円、1,500万円、2,000万円
賠償責任 なし、3,000万円、5,000万円、1億円
携行品損害 なし、20万円、30万円、50万円、70万円、100万円
救援者費用 なし、500万円、700万円、1,000万円、1,500万円、2,000万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 なし、10万円
フリープランの注意点
  1. 以下は加入不可
    • 治療費用の無いもの(治療費用は必ずセットする必要がある)
    • 傷害死亡・後遺障害をセットせずに、疾病死亡をセットするもの
    • 携行品損害をセットせずに、航空機寄託手荷物遅延等費用をセットするもの
  2. 疾病死亡の保険金額が傷害死亡・後遺障害以上であること
  3. 被保険者が満15歳未満の場合や、契約者と被保険者が異なる場合は、傷害死亡・後遺障害と疾病死亡の保険金額は、他の保険契約等と通算してそれぞれ1,000万円が上限となります。
  4. 航空機遅延費用はセットできません。

損保ジャパンの詳細はこちら

ジェイアイ傷害火災のフリープラン

ジェイアイ傷害火災

ジェイアイのネット専用リスク細分型海外旅行保険『t@bihoたびほ』では、あらかじめ用意している契約プラン(保険料節約プラン、おすすめプラン)に加え、選択可能な範囲で補償内容をカスタマイズできる「おすすめプランカスタマイズ」が選択できます。保険料を節約したい場合や、一部の保険金額(補償の限度額)を増減したい場合におすすめ。

◎フリープランで補償金額をカスタマイズできる範囲
傷害死亡 なし、1,000万円、2,000万円、3,000万円
傷害後遺障害 なし、1,000万円、2,000万円、3,000万円
疾病死亡 なし、1,000万円
治療・救援費用 1,000万円、3,000万円、5,000万円、1億円
緊急歯科治療 10万円
個人賠償責任(自己負担額なし) なし、1億円
携行品損害(自己負担額なし) なし、10万円、20万円、30万円
航空機寄託手荷物遅延(定額払型) なし、1万円
弁護士費用等 なし、100万円
テロ等対応(日額) なし、1万円

※旅行目的が観光・商用で、旅行期間が31日以内の場合。

フリープランの注意点
  1. 傷害死亡・傷害後遺障害・疾病死亡の3つの保険金額については、以下の組み合わせでご選択いただけます。
    • A.3つ全てをセットする。
    • B.全てセットしない。
    • C.傷害後遺障害のみセットする。
    • D.傷害死亡と傷害後遺障害をセットする(疾病死亡なし)。
  2. 保険期間31日以内で航空機寄託手荷物遅延(定額払型)の補償をつけていただく場合、携行品損害の保険金額をセットしてください。
  3. 合計保険料が500円以上になるように補償内容を選択してください。

ジェイアイ傷害火災の詳細はこちら

三井住友海上のフリープラン

三井住友海上『ネットde保険@とらべる』にはフリープランはありませんが、海外旅行傷害保険がセットされているクレジットカードをお持ちの方向けのタイプKが用意されています。クレジットカードにセットされている海外旅行傷害保険では補償が不足しがちな治療・救援費用、疾病死亡、弁護士費用に絞ったプランです。

◎『ネットde保険@とらべる』タイプKの補償内容
傷害死亡 なし
傷害後遺障害 なし
治療・救援費用 2,000万円
緊急歯科治療費用 なし
疾病死亡 2,000万円
賠償責任 なし
携行品損害 なし
航空機寄託手荷物遅延等費用 なし
弁護士費用等 100万円
テロ等対応費用 なし

三井住友海上の詳細はこちら

AIG損保のフリープラン

AIG損保の海外旅行保険

AIG損保のインターネット契約では、保険期間31日まで旅行目的が観光・出張・その他の場合のみ海外旅行保険フリープランにご加入いただけます。海外旅行のご経験が豊富でご自身に必要な補償が明確になっている方におすすめです。

◎フリープランで補償金額をカスタマイズできる範囲
a.傷害死亡 1,000万円、2,000万円、3,000万円
a.傷害後遺障害 なし、30万円~1,000万円、60万円~2,000万円、90万円~3,000万円
b.傷害治療費用 なし、300万、500万円、600万円
c.疾病治療費用 なし、300万、500万円、600万円
d.疾病死亡 なし、500万、1,000万円、2,000万円
個人賠償責任 なし、1億円
e.携行品 なし、10万円、20万円、30万円
救援者費用 なし、300万円、500万円、700万円
f.航空機寄託手荷物遅延 なし、10万円
航空機遅延費用 なし、2万円
留守宅家財盗難 なし、50万円
フリープランの注意点
  1. a.傷害死亡・傷害後遺障害は必ずセットしてください。
  2. c.疾病治療費用はb.傷害治療費用をセットした場合のみご契約いただけます。保険期間31日以内の契約に限り、「疾病に関する応急治療費用補償特約」がセットされており、疾病治療費用の保険金額が300万円以上の場合は支払限度額が300万円となります。
  3. c.疾病治療費用はb.傷害治療費用と同額かそれ以下でセットしてください。
    c.疾病治療費用 ≦ b.傷害治療費用
  4. b.傷害治療費用はa.傷害死亡・傷害後遺障害と同額かそれ以下でセットしてください。
    b.傷害治療費用 ≦ a.傷害死亡・傷害後遺障害
  5. d.疾病死亡はa.傷害死亡・傷害後遺障害と同額かそれ以下でセットしてください。
    d.疾病死亡 ≦ a.傷害死亡・傷害後遺障害
  6. e.携行品をセットした場合のみf.航空機寄託手荷物遅延をご契約いただけます。
  7. フリープランは保険期間31日までのご加入となります。

AIG損保の詳細はこちら

ケース別おすすめの海外旅行保険

海外旅行保険比較

短期渡航の海外旅行保険は、ネット専用商品が安くて便利。しかし、行き先や旅行日数により保険料が細分化されているため、複数の海外旅行保険を比べるのは大変。当サイト『海外旅行保険比較ネット』では、人気の海外旅行保険を旅行先や日数で一覧表示。最適なプランを選んで、出発当日でもクレジットカード払いで申し込みができます。