損保ジャパンがLINEによる事故受付・事故対応サービスのトライアルを開始

損保ジャパン日本興亜は、2018年6月より「LINE」を活用した事故受付・事故対応サービスのトライアルを開始しました。LINEを活用したサービス導入の背景や目的は以下の通り(損保ジャパン日本興亜のプレスリリース)。

導入の背景・目的

近年、ソーシャルメディアやスマートフォンの急速な普及により、コミュニケーションの手段は大きく変化しています。損保ジャパン日本興亜は、その変化に柔軟に対応し、お客様のニーズに合ったコミュニケーション手段をご提供するため、国内登録者数7,000万人を超え、今では生活のインフラとして幅広く浸透している「LINE」を事故対応時の新たなコミュニケーション手段として導入します。お客様にとって身近で手軽に利用できるサービスをご提供し、お客さまの一層の利便性向上を目指します。

なお、「LINE」から事故受付およおび事故対応まで一貫して対応できるサービスは、保険業界で初めての試みです(損保ジャパン日本興亜調べ)。

参照:https://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/news/2018/20180530_2.pdf

「LINE」で事故受付および事故対応

上記損保ジャパン日本興亜のプレスリリースの通り、「LINE」を活用して事故の受付から対応まで一貫して行うサービスは保険業界初。LINEで気軽に連絡できることになり、ユーザーにとっては煩わしい事故の報告も手軽に報告することができます。

特に、海外旅行保険(新・海外旅行保険【off!】)では、すでに申し込み自体はスマートフォンでできるので、申し込みからもしもの事故の時までスマートフォンさえあれば完結することができます。

サービスの内容

LINE対応のイメージ画像

LINE対応のイメージ画像

実際のサービス内容はというと、損保ジャパン日本興亜の保険加入者が公式アカウントに登録後、チャット画面で担当者とのやりとりが可能になる。事故の報告時には領収書や損害写真などを保険会社に郵送することになるが、これらもチャット上で画像を送ることが可能とのこと。

また海外旅行保険では、LINEのチャットボット機能を活用して旅行先で24時間の事故受付が可能となるようです。

「LINE」のサービスは2018年6月から9月までトライアルが実施され、その後全国での本格展開が検討されるとのこと。

トライアルで対象となる保険商品

  • 海外旅行保険 ※一部商品(インターネット加入の新・海外旅行保険【off!】)
  • 自動車保険 ※一部地域(東京など3拠点)
  • 傷害保険 ※一部地域(東京など4拠点)
  • 火災新種保険 ※一部地域(東京など3拠点)
サービス自体は実際に事故が起きないと利用する機会はないですが、特に海外旅行保険の事故報告の際、旅行先からLINEで手軽にやりとりができるのは便利ですね。実際事故が起きてしまうと、保険会社への報告もさっさと済ませてしまいたいと思う(特に旅行中ならなおさら)でしょうし、使い慣れたLINEでスムーズに報告できるならぜひ利用したいサービスです。

関連損保ジャパン日本興亜の新・海外旅行保険off!(オフ)はこちら

海外旅行保険比較

短期渡航の海外旅行保険は、ネット専用商品が安くて便利。しかし、行き先や旅行日数により保険料が細分化されているため、複数の海外旅行保険を比べるのは大変。当サイト『海外旅行保険比較ネット』では、人気の海外旅行保険を旅行先や日数で一覧表示。最適なプランを選んで、出発当日でもクレジットカード払いで申し込みができます。